グランドティトン国立公園、ワイオミング州 Grand Teton National Park, Wyoming

グランドティトン国立公園、ワイオミング州 Grand Teton National Park, Wyoming

ユタ州南部の赤茶けた大地から一転して、森と湖の世界へ。

600km走ってMonpellierという小さな町に1泊。ブッチ・キャシディが銀行強盗をした町で、資料館があるらしい。ならず者でも、「明日に向かって撃て」で映画化され、ロバート・レッドフォードが演じた事で、ヒーローになってしまっている!何を隠そう、私の大好きな映画だ(^^)

翌日、更に200km走ってたどり着いたのは、4197mの威容を誇るティトン山やモラン山が連なる、これまた息を呑む世界!
歳がバレるが、映画「シェーン」の舞台である。

早い者勝ちのキャンプ場。人気の、ティトン山の近くはすぐに埋まり、3つ目に訪れたキャンプ場で、湖の近くをゲット!
熊の出没に備え、食料に限らず、色や匂いや形のある物は熊に狙われる可能性があり、熊除けの箱に避難させる。

翌日は、ボートに乗って湖の対岸に行き、トレイルを歩く。
Colter Bay のcabinに2泊。ここにはキャビンが何百棟もあり、グランピング、キャンプ、RVパーク、マリーナ、湖水浴場、お店、レストラン、ランドリーなど、設備が整っている。

湖では、カヌーや、ボートを楽しんだり、歩いてしか行けない湖のほとりでキャンプしたり、と、思い思いに自然に親しんでいるし、また、そのための整備がなされ、自然と人との共存がとてもよく考えられていて、アメリカの国立公園にはいつも感心する。

日本の国立公園も、アメリカを見習って、もう少しステキに手を入れて欲しい。まず、日本の湖や池にある、白鳥のペダルボート、あれを止めてもらいたいのは、私だけかしら?