Ross Village Bakery

ジブリのアニメ映画「魔女の宅急便」

キキが住み込んだパン屋さんとそっくりで有名な、「ロス・ビレッジ・ベーカリー」

オーストラリアの南の島、タスマニアの中ほどの、静かで歴史を感じさせる田舎町Rossにあります。

不思議な事に、ジブリのスタッフは誰もタスマニアを訪れていない。このパン屋さんをモデルとしてる訳ではないようですが、日本人の女性が、アニメにそっくりであることをブログに紹介したのがきっかけで、聖地のようになり、今では、大勢の観光客が訪れるようになりました。

パン屋さん自体は、1860年の創業当時から、薪を燃やす窯でパンを焼いていて、歴史と伝統のあるパン屋さん。とても美味しいので、人気のパン屋さんには違いありません。

貝柱のカレーパイとバニラスライスというカスタードパイが有名。確かにどちらもとてもとても美味しかった^_^

また、裏庭から、屋根裏部屋への階段が見えるし、泊まることもできるみたいなんです。

大きな木と看板が目印

貝柱のカレーパイ、バニラスライス、カフェラテ

どれも名物だけあって、すごく美味しかった^_^

地元の新聞でも紹介された。

奥の窯は今でも薪をくべている。

店長さん、可愛すぎる^_^

裏庭。

屋根裏部屋に続くかいだが見える

お店の前は美しい並木道

地元の新聞にも取り上げられてるなど、「似ている」だけで観光地化してしまった、不思議なパン屋さん。正に、魔法がかかったみたいですね^_^