還暦馬鹿パッカーズ「ニュージーランド&オーストラリア」珍道中もついに終わり!

  • 2019年2月18日
  • 2019年2月21日
  • 旅行
  • 274View
  • 2件

日本からの往復を除いて、飛行機の移動7回、レンタカーの走行距離計約1万キロの大旅行でした。

広大な大地を回るには、飛行機✈️➕車🚗の繰り返し。

片側1車線(往復2車線)道路がほとんどで、かつ100kmの制限速度の道を、ほとんどの車が110〜120kmくらいで飛ばしている。不意にカンガルーが飛び出して来ることもあり、本当に気が抜けない。時には500kmもある道のりを、毎日運転してくれた夫には感謝してもし切れない。

事故にも遭わず、カンガルーともぶつからなくてラッキーだった。

また、ブリスベン郊外の大洪水や、タスマニアの大火事も我々が去った後に起こった。(被害に遭われた方々、洪水で死んだ10万頭に及ぶ牛や羊たちには心が痛む)

ガイド本で唯一持参したのは、個人旅行のバイブルとも呼ぶべき「地球の歩き方」。

広い地域を偏りのない視点でよくまとめていて、代表的なトレッキングコースなども押さえてあり、今回も大変お世話になった^_^

それでも西オーストラリアに関する記述は少ないが、要所要所にあるビジターセンターでもらえる無料の観光パンフレットや地図が充実しており、案内係がフレンドリーでとても助かった。

スマホでも情報は入るが、町を一歩離れると電波状況の悪い所がほとんど。やはり紙の媒体は大事だ。

西オーストラリアは事前に距離感がつかめず、1〜2泊前にTrivagoなどでホテルやモーテルを予約しながら回ったが、その町の最後の1部屋、なんていう事もあった。次の町まで何百キロ、という田舎なので、早めに予約するに越したことはない。

グーグルマップはカーナビの代わりになるし、レストランやスーパーなどを探すにも重宝した。

携帯はSIM freeにしておき、入国時に現地のSIMカードを購入し、セッティングしてもらうと便利だし安い。

個人旅行のバイブル的存在

現地で入手した沢山の資料

西オーストラリア州にあるほとんどの国立公園に入れるホリデーパスを車のバックミラーに掛ける