【婦人科医監修】ピルの正しい飲み方と忘れた時の対処方法を詳しく解説

  • 2019年6月11日
  • ピル
  • 110View
  • 0件

ピルを効果的に飲むには条件があります。

  1. 忘れずに飲む
  2. 決まった時間に飲む

この2点を両立することは一見簡単なようですが、継続が意外と難しいです。

実は、ピルを忘れることなく、決まった時間に飲み続けるにはコツがあります。
それは・・「自分をとことん甘やかす」ことです。

忘れずに、毎日決まった時間に飲むコツ

ピルは毎日飲むことで効果を発揮するお薬です。

とくに避妊目的でピルを飲んでいる場合、飲み忘れは高い代償を払う可能性もあります。

ピルを飲み忘れる事態は避けたいわけです。飲み忘れを防ぐためには、当然ですが思い出す必要があります。

まずは、この思い出すことを簡単・楽にすることが重要になります。

目のつくところに置いておく

毎日絶対に見る場所ってありませんか?例えば、洗面台には必ず立ちますよね。

この必ず見る場所にピルを置くことで自然と思い出すことができます。

そうは言っても、毎日家に帰ってくるとは限りませんよね。旅行などで外泊する時もあります。目につくところに置いておく方法は外泊時には使えません。

そこで、毎日身に付けているものを活用します。

スマホ(アプリ)を活用する

もうほとんどの方がスマートフォンを持っていると思います。お財布とスマホは必ず携帯していますよね。

iphoneリマインダー

iPhone使っているなら、もともと入っているリマインダーというアプリ(無料)でも十分役割を果たしてくれます。飲む時間になればこのように通知をくれます。

すぐに飲めたら実行済みをタップします。あとでなら1時間後に通知をまたしてくれます。明日はダメですよ。

もっと本格的なものが良ければ、ピル専用アプリもあります。

myPill

iPhone専用になりますが、シンプルで使いやすいアプリです。無料でも使えますが、有料にすればより便利に使えます。

専用アプリだけあって、このように細かく設定できます。

どこまで飲んでいるのかも一目瞭然ですね。

まずは無料で試してみて、気に入れば有料にするのがオススメです。

つづけるミカタ

他にも製薬メーカーが作っているリマインダーアプリもあります。

https://gynecology.bayer.jp/ja/home/apps/

*このアプリはiPhoneでもアンドロイドでも使えます。自分に合ったアプリを使用して、簡単・楽にピルを飲み続けましょう!

忘れないようになれば、決まった時間に飲むこともできるようになります。

意外な落とし穴

アプリでしっかり思い出せた!でも・・「ピルを持ってくるの忘れたー」って場面が意外とあったりします。

これを防ぐために、スペアのシートを常にバックに入れておくのがオススメです。

スペアがあれば会社などの出先で、万が一ピルを持ってくることを忘れても大丈夫です。仮に家で飲み忘れても、出先で飲むことも可能になります。

忘れないためのコツ

常にピルはバックに入れておく

常に持ち歩くバックが決まっているなら、家の中でもバックから取り出してピルを飲むようにすれば、スペアのシートも必要ないかも知れません。

いちいち考えなくても、飲み忘れないようにする仕組みを作ることが簡単・楽にするコツです。

決まった時間に飲む

飲む間隔を一定にすることで、体内の女性ホルモン量を一定に保つことができます。

今まで朝に飲んでいたのに、急に夜に変えると軽く12時間ほどの差が出来てしまいます。しかも、同じ時間に飲むことで習慣化しやすくなるメリットもあります。

今までの習慣にプラスする

毎日ほとんど決まった時間に歯磨きをしませんか?

朝の歯磨き後にピルを飲むなど、もうすでに習慣(無意識にできる)になっているモノとセットにしましょう!

・歯ブラシ前後に、そのままピルを飲むなど

歯ブラシを取るときにピルが見えるようにすることもポイントになります。

「こんなの余裕でしょ」と思うぐらいにハードルを下げて、なるべく簡単にできるようにすることがポイントです。

簡単・楽に継続するには「アプリ」と「今までの習慣にプラス」の合わせ技がオススメです。(万が一に備えて、スペアも用意すれば万全ですね)

ピルの正しい飲み方

1シート目を飲み始めるタイミング

生理期間中(1~5日間が一般的)に1錠目を飲む必要があります。

何日目からは、薬のタイプにもよるので、必ず最初に確認して下さい。

よくある失敗は、生理が来たと思いすぐにピルを飲み始めたけれど、生理ではなかったパターンです。この失敗の原因は「焦り」です。しかし、焦る必要はないのです。

生理が来た日に飲む必要はありません。生理期間中(1~5日間が一般的)に飲めばいいので、約5日間ほど余裕があります。生理が来たと確信できてから飲んでください。

21錠タイプ

21日間連続で飲んで7日間連続で薬を飲まない期間を作ります。

この飲まない期間に生理のような出血(消退出血)があります。薬を全く飲まない期間を作ることができます。

7日間の休薬期間が終わればすぐに2シート目を飲んでいきます。この飲まない期間をしっかり管理しないと、飲み忘れるリスクは高くなります。

28錠タイプ

21日間連続で飲んで、7日間は女性ホルモンが入ってない偽薬を飲みます。

この偽薬を飲んでいる間に生理のような出血(消退出血)があります。28錠を28日間で飲み切った後は、また新しいシートを29日目から飲みます。

毎日1錠を必ず飲むために飲み忘れはしにくいです。

21錠タイプでも28錠タイプでも基本的に21日間女性ホルモンを入れて、7日間は入れないというサイクルになります。

その他にも近年、新しいタイプのピルが開発されています。

24錠タイプ

24錠が女性ホルモン入りで、4錠が偽薬になります。1シート28錠なので、1サイクルは28錠タイプと同じ28日間です。

120日間連続使用できるタイプ

最長で120日間続けて女性ホルモン入り錠剤を飲むことができます。

120日目まで飲み続けて、翌日から4日間休薬します。(休薬中に生理のような出血があります)

このサイクルを続けると出血する回数を12回/年→約3回/年に減らすことも可能になります。

*もし、120日までに3日間連続で出血が続いた場合は、翌日から4日間休薬する必要があります。

生理日をコントロールできる

120日でなくても2〜4ヶ月の間であれば、出血を起こしたい時に4日間休薬する事で日にちをずらし、また飲み続ける事が可能です。

「どのピルを使用するか」は必ず医師に相談して決めるようにして下さい。

自己判断で中断しない

まずは医師に相談してください。ピルは飲み始めの3ヶ月間が最も血栓症のリスクが高まります。

この飲み始めのリスクは、初めて飲む場合だけでなく、間が空いてしまってから飲む場合も同じです。

例えば、3ヶ月飲んでいても一度中断してしまうと、飲み始めるときはまた血栓症リスクが高い状態を経験することになります。

血栓症の自覚症状がある場合を除けば、安易に中断すると血栓症リスクが高い状態を長く経験することになってしまします。

中断したくなるときは、不正出血や副作用による吐き気や頭痛などがあると思います。
ピルを処方してもらう医師は、相談しやすい医師を選ぶことも大切なポイントです。

もし副作用で吐いてしまったら

飲んでから2時間以上経ってなければ、カラダが十分に吸収してないので飲み直す必要があります。その場合は、また吐いてしまっては困るので、胃薬や吐き止めを一緒に服用して下さいね。

吐き気対策

飲み始めの副作用で比較的多いのが吐き気で、とくに空腹時にピルを飲むとなりやすいです。対策としては食後に飲むことで改善されます。

飲み忘れた時の対処法

その日のうちに気付いた場合は、気付いた時点で飲みましょう!

1~2日遅れ

翌日に気付いた場合、その日は2錠飲んでください。ただし、2錠まとめて飲むと吐き気が起こりやすいので、1時間ほど時間差を作って飲むことをオススメします。

もし時間差が作れない場合は、まとめて飲んでもしまっても大丈夫です。

3日以上遅れ

2日以上間が空いてしまった場合は、処方してもらった医師に必ず相談してください。
医師の指示を仰ぐ必要があります。

休薬・偽薬期間に出血が無くなる

これもよくある相談ごとです。ピルを飲み続けていると、休薬・偽薬期間に消退出血がなくなる場合があります。

休薬・偽薬期間に入ると、2~3日で生理のような出血があります。

出血は子宮内膜がはがれ落ちることで起こります。(仕組みとしては生理とほぼ同じです)*医学用語では消退出血と言います。

この消退出血は自然にくる生理に比べて、生理量も期間も短くなります。

子宮内膜がピルを飲み続けることによって、厚くならないのではがれ落ちるものがなくなるために起こります。休薬・偽薬期間に出血がなくても特に問題はありません。

*反対に休薬・偽薬期間が終わっても出血が続くこともあると思います。その場合は出血があっても次のシートを飲み続ける必要があります。

出産を経験している人にはミレーナがおすすめ!

ここまでピルを簡単・楽に忘れずに飲み続ける方法をお伝えしてきました。ピルは毎日飲み続けることで効果を発揮してくれます。

この毎日飲み続けるのが「めんどくさいな」と感じる人もいます。そんな人にオススメなのがミレーナです。

ミレーナ

引用:https://whc.bayer.jp/mirena/mirena/index.html

医学用語ではIUS(子宮内黄体ホルモン放出システム)と言います。

子宮に装置を挿入することで、飲む必要も無くなりますし、そもそも飲み忘れることがなくなります。

ピルと同じ効用を期待できるのに、飲む必要がありません。一度挿入すると、最大で5年間も効果があります。

ただし、子宮内に挿入する必要があるので、出産経験者は挿入時に痛みを感じにくいため出産を経験した人しかオススメしません。

あなたが出産経験者でピルを飲んでいるならミレーナは良い手段になってくれますよ。

まとめ

ピルの効用をしっかり受け取るには、忘れずに毎日飲み続ける必要があります。

毎日飲み続けるには、簡単・楽に飲める習慣を作る方法がオススメです。

出産経験者ならミレーナも選択肢に入れましょう!

ピルを活用して生活の質を向上させる人が一人でも増えてくれると嬉しいです。