【医師監修】広島県のNIPT検査おすすめクリニック6選!検査費用はいくら?徹底比較

安全性が高い出生前診断として注目されているNIPTですが、広島県にはNIPT対応施設がいくつもあるため、どの施設を利用すればいいのか迷ってしまいますよね。ただ残念ながら、誰にでもおすすめできる施設はなく、検査を受ける人は、自分で最適なNIPT対応施設を選ばなくてはいけません。

しかしながら、ほとんどの人がはじめてNIPTの検査を受けることになるため、何を基準に選べばいいのかわかりませんよね。ここではそのような人のために、広島県で利用できるNIPT対応施設をランキング形式で詳しくご紹介していきます。

クリックで好きな場所から読める 非表示

広島県のNIPT検査できる病院&クリニック6選

広島県には2つの日本医学会の認定施設があり、さらにはオンラインNIPTを含む4つの無認定施設があります。日本医学会などは「検査は認定施設で受けるように」としていますが、認定施設は利用するためのハードルが高いため、無認定施設も選択肢に入れて検討するのが現実的です。

そこで、ここでは認定や無認定に関係なく、広島県で利用できるNIPT対応施設を独自基準で評価し、ランキングにしてみました。施設ごとの特徴なども合わせて解説していますので、自分に適したNIPT対応施設を選ぶときの参考にしてください。2022年9月7日現在の情報になります。

※横にスクロール出来ます

クリックで飛べる順位総合評価公式サイト検査速度羊水検査検査種類カウンセラー支払方法休日対応
平石クリニック1位15.0p
公式6日:2p全額補助:3p3種類:3p在籍:2p分割OK:3pクリニックによる:2p
DNA先端医療株式会社1位15.0p
公式6日:2p全額補助:3p3種類:3p在籍:2p分割OK:3pクリニックによる:2p
ミネルバクリニック1位15.0p
公式7日:2p15万円補助:2p12種類:3p在籍:2p分割OK:3p土日祝:3p
ヒロクリニック1位15.0p
公式3日:3p20万円補助:2p6種類:3p在籍:2pクレカOK:2p土日祝:3p
広島大学病院5位9.0p
公式14日:1p不明:1p1種類:1p在籍:2p分割OK:3pなし:1p
広島赤十字原爆病院6位8.0p
公式14日:1p不明:1p1種類:1p在籍:2pクレカOK:2pなし:1p
ランキングの評価基準はこちら

1位:平石クリニック【提携】

  • 広島市中区と福山にある提携クリニックで検査できる
  • 検査精度が高い最先端の検査機器を採用
  • 陽性だった場合の羊水検査費用を全額補助

平石クリニックは東京にあるNIPTクリニックですが、全国に提携クリニックがあり、広島県では広島市中区と福山にあるクリニックで検査を受けられます。検査精度が高いイルミナ社の次世代シーケンサーを採用しており、検査結果の信頼性が高いのも平石クリニックの特徴です。

また遺伝カウンセラーが在籍しており、NIPTに対する不安をきちんと解消したうえで検査を受けられます。しかも検査結果が陽性だった場合の羊水検査費用は、上限なしで平石クリニックが補助してくれるので、陽性になる可能性が高いと感じている人におすすめのクリニックです。

検査13,18,21トリソミー性染色体全染色体微小欠失費用
A基礎  198,000円
B全染色体 231,000円
C微小欠失253,000円

◆かいせいクリニック

診察時間月・火・水・金曜日 9:00-13:00 / 14:30-18:30
木・土曜日 9:00-13:00
休診日日・祝日
住所〒730-0017 広島県広島市中区鉄砲町5-7 広島偕成ビル7階 八丁堀駅徒歩4分

◆平石クリニック 福山提携院

診察時間10:00-19:00
休診日不定休
住所〒720-0066 広島県福山市三之丸町7-21 大福三之丸ビル3F 福山駅南口より徒歩5分。

平石クリニックで予約&相談する

1位:DNA先端医療株式会社【提携】

  • 「東京美容外科 福山院」と「NIPTクリニック 広島院」で検査できる
  • 予約当日の検査も可能
  • 第2子以降の検査費用が半額になる

DNA先端医療株式会社は提携クリニックを使って、全国展開しているNIPTサービスです。広島県では、福山市にある「東京美容外科 福山院」と広島市にある「NIPTクリニック 広島院」と提携しており、お住いの地域に合わせて検査施設を選びます。

認定施設と比べて自由度がとても高く、検査を受けるための制約はほとんどありません。しかも予約当日の検査も可能で、検査を受けると決めてから検査日まで不安を抱えて待つ必要がないというのも魅力のひとつです。さらに、第1子の検査を受けると、第2子以降の検査費用が半額になるといった特典もあります。

検査13,18,21トリソミー性染色体全染色体微小欠失費用
(A) 基本検査  198,000円
(B) 全染色体検査 231,000円
(C) 全染色体+微小欠失検査253,000円

◆東京美容外科福山院

診察時間10:00-19:00
休診日不定休
住所〒720-0066 広島県福山市三之丸町7-21 大福三之丸ビル3F

◆NIPTクリニック 広島院

診察時間9:00 – 13:00/14:30 – 18:30
休診日日・祝
住所〒720-0066 広島県福山市三之丸町7-21 大福三之丸ビル3F 福山駅南口より徒歩5分

DNA先端医療で予約&相談する

1位:ミネルバクリニック【オンライン】

  • オンラインNIPTだから離島や山間部でも利用できる
  • 高精度の第3世代NIPTを導入しており信頼性が高い
  • 検査できる項目が多く、しっかりと検査できる

ミネルバクリニックは、オンラインでNIPTを提供しているクリニックです。遺伝カウンセリングはテレビ電話、採血は最寄りの医療機関に依頼するため、対応できる医療機関さえあれば離島や山間部でも利用できるというのが最大の特徴になります。

検査精度が高い第3世代NIPTを国内唯一導入しており、検査結果の信頼性が高いのもおすすめポイントになります。しかも、検査できる項目が他の施設よりも多く、より詳細に検査したいと考えている人におすすめです。

検査13,18,21トリソミー性染色体微細欠失4疾患遺伝子費用
ベーシック ◯  176,000円
プラス ◯ 198,000円
genプラス ◯236,500円

ミネルバクリニックで予約&相談する

1位:ヒロクリニック【提携】

  • 呉市の提携クリニックを利用できる
  • 最短3日で検査結果がわかるスピード対応
  • 診察時にオンラインで産婦人科専門医に質問できる

ヒロクリニックは全国展開しているNIPTクリニックで、広島県では呉市にある提携クリニックを利用して検査を受けられます。国内の検査所で分析しており、最短3日で検査結果がわかるため、すぐにでも検査結果を知りたい人におすすめです。

25,000件以上の実績があり、安心して利用できるのもヒロクリニックの魅力になります。そして、診察時にはオンラインで産婦人科専門医に質問できるため、不安を解消したうえでNIPTの検査を受けられるといったメリットもあります。

検査13,18,21トリソミー性染色体全染色体微小欠失費用
ミニマムプラン   99,000円
ライトプラン  120,000円
Over 35プラン 165,000円
オススメプラン220,000円
フルセットプラン264,000円

ヒロクリニックで予約&相談する

5位:広島大学病院

  • 約7万円でNIPTの検査を受けられる
  • 外来はかかりつけ医の紹介が必要
  • 遺伝カウンセリングはパートナーとの受診が必須

広島大学病院は広島市南区にある大学病院で、日本医学会の認定施設でもあります。認定施設は検査費用が高いというイメージがあるかと思いますが、広島大学病院のNIPTは約7万円で検査(遺伝カウンセリング費用が別途必要)を受けられます。

ただし、検査前に必須となっている遺伝カウンセリングは、かかりつけ医の紹介がないと受診できません。しかも遺伝カウンセリングは妊婦さん1人での受診がNGで、必ずパートナーと一緒に受けなくてはいけないなど、利用するためのハードルが高く設定されています。

検査13,18,21トリソミ性染色体微細欠失4疾患遺伝子
NIPT   
初診時14,200円
再診時6,400円
NIPT検査約70,000円

広島大学病院で予約&相談する

6位:広島赤十字原爆病院

  • 広島市中区にある認定施設(中電病院から移設)
  • 3名の臨床遺伝専門医が在籍
  • 外来の場合にはかかりつけ医に予約してもらう

広島赤十字原爆病院は中電病院から移設された認定施設で、遺伝医学関連学会の「遺伝学的検査に関するガイドライン」に基づいて、NIPTだけでなく羊水検査や絨毛検査などの出生前診断を実施している病院です。

3名の臨床遺伝専門医が在籍しており、しっかりとしたサポートを受けられるのが、広島赤十字原爆病院の魅力になります。ただし妊婦さん自身で申し込むことができず、利用するには、かかりつけ医に遺伝カウンセリングの予約をしてもらう必要があります。

検査13,18,21トリソミ性染色体微細欠失4疾患遺伝子
NIPT   
遺伝カウンセリング10,000円
2回目6,500円
NIPT検査約70,000円

広島赤十字原爆病院で予約&相談する

【医師監修】NIPT検査できるクリニックの選び方8選!無認定施設はやめた方がいいの?

まとめ

ランキングでは4つの無認定施設が同率1位で、認定施設が下位になるという結果になりました。認定施設と無認定施設でポイント差が大きいため、無認定施設のほうが優れていると考えてしまうかもしれませんが、すべての面で認定施設が劣るというわけではありません。

認定施設はしっかりとした遺伝カウンセリングを行ってくれるため、検査で陽性だった場合の方針をしっかりと夫婦で決めてから検査を受けることになり、どのような結果になっても迷うことなく次のステップに進めるといったメリットがあります。

重要なのは、そのような施設ごとのメリットやデメリットをしっかりと把握して、自分たちに適した施設で検査を受けるということです。ここでご紹介した内容や、SNSなどに投稿された口コミなどを参考にして、最適だと感じた施設を選び出しましょう。