【医師監修】岩手NIPT検査おすすめクリニック3選!検査費用はいくら?徹底比較

高齢出産の場合には、胎児に染色体異常が発生している可能性もあるため、出生前診断を勧められることがあります。ただ羊水検査や絨毛検査といった検査は流産や感染症リスクがあり、いきなり検査を受けるのは不安ですよね。

そこで注目されているのが、採血するだけでスクリーニング検査ができるNIPTという手法です。ただし、NIPTに対応している病院やクリニックは限られており、岩手県の場合には3院のみ検査を受けられます。ここではそんな、岩手県のNIPT対応病院やクリニックをランキング形式でご紹介していきます。

クリックで好きな場所から読める 非表示

NIPT対応病院&クリニック3選

岩手県にはNIPTに対応している病院やクリニックが3院あります。認定施設は岩手医科大学附属病院のみで、残りの2院は無認定施設になります。ここではまず、それらの病院とクリニックのランキングをご紹介し、それぞれの施設の特徴について個別に詳しくご紹介していきます。

横にスクロール出来ます

クリックで飛べる順位総合評価公式サイト検査速度羊水検査検査種類カウンセラー支払方法土日祝
ヒロクリニック1位15.0p
公式3日:3p20万円補助:2p6種類:3p在籍あり:2pクレカOK:2p土日祝:3p
ミネルバクリニック1位15.0p
公式7日前後:2p15万円補助:2p12種類:3p在籍あり:2p分割OK:3p土日祝:3p
岩手医科大学附属病院3位10.0p
公式10日:1p不明:1p1種類:1p在籍あり:2p分割OK:3p第1・4土:2p
ランキングの評価基準はこちら

1位:ヒロクリニック【提携】

  • 盛岡市の提携クリニックで検査可能
  • 国内分析だから検査結果がすぐに出る
  • ダウン症検査が49,500円~

ヒロクリニックは全国に提携クリニックのあるNIPTクリニックで、岩手県は盛岡市の提携クリニックで検査を受けられます。他のNIPTクリニックとは違って国内で分析を行うため、検査結果が最短3日(提携クリニックは最短2日)でわかるのがヒロクリニック最大の特徴になります。

また、ダウン症検査だけなら49,500円とお手頃な料金で検査を受けることができるため、高額な検査費用を用意できない人にもおすすめです。さらに互助会に加入すれば、検査結果が陽性だった場合に20万円まで羊水検査費用を補助してもらえるので、安心して検査を受けられます。

検査13,18,21トリソミー性染色体全染色体微小欠失費用
ミニマムプラン   99,000円
ライトプラン  120,000円
Over 35プラン 165,000円
オススメプラン220,000円
フルセットプラン264,000円

ヒロクリニックで予約&相談する

1位:ミネルバクリニック【オンライン】

  • オンライン診療に対応しているから全国どこでも利用可能
  • 全国で唯一、陽性適中率100%のスーパーNIPTを採用
  • 9週0日から検査可能

ミネルバクリニックは東京に拠点のあるNIPTクリニックですが、オンライン診療に対応しているため、全国どこでも利用できます。オンラインの場合には、最寄りの医療機関で採血をしてもらうことになるので、検査のために遠くまで移動する必要がありません。

また全国で唯一、陽性適中率100%のスーパーNIPTを採用しており、検査精度が高いということもあって、利用者の多くが満足しているクリニックでもあります。さらに、9週0日からの検査が可能で、他のクリニックよりも早めに検査を受けられるのもミネルバクリニックの特徴になります。

検査13,18,21トリソミー性染色体微細欠失4疾患遺伝子費用
ベーシック  176,000円
プラス ◯ 198,000円
genプラス ◯236,500円

ミネルバクリニックで予約&相談する

3位:岩手医科大学附属病院

  • 岩手県唯一の認定施設
  • 医療機関からの紹介状がなくても受診可能
  • 認定遺伝カウンセラーが3人在籍

岩手医科大学附属病院は岩手県で唯一の認定施設ですが、利用する上で他の医療機関からの招待状は必要なく、さらに岩手医科大学附属病院以外の病院で分娩するという人でも、NIPTの検査だけ利用するといった使い方も可能です。

認定施設ということもあり、認定遺伝カウンセラーが3人も在籍しており、NIPTについての説明はもちろんのこと、陽性だった場合にしっかりとサポートを受けられるのが岩手医科大学附属病院の特徴になります。ただし検査できるのは「13,18,21トリソミー検査」のみです。

検査13,18,21トリソミ性染色体微細欠失4疾患遺伝子費用
NIPT   135,300円~158,400円

岩手医科大学附属病院で予約&相談する

クリニックの選び方については以下をご覧ください。

【医師監修】NIPT検査できるクリニックの選び方8選!無認定施設はやめた方がいいの?

まとめ

岩手県にはNIPTの認定施設として、岩手医科大学附属病院を利用できますが、検査できる項目が「13,18,21トリソミー検査」しかありません。このため、もっと詳しく調べたいという場合には、ヒロクリニックもしくはミネルバクリニックを利用することになります。

いずれも無認定施設ではありますが、検査精度の高さに定評があり、さらにはリーズナブルな料金で検査を受けられるといったメリットもあります。どうしても認定施設で検査を受けたいというのでなければ、これらの2つのクリニックも選択肢に入れて、自分が信頼できると感じた施設で検査を受けましょう。