【医師監修】神奈川県NIPT検査おすすめクリニック10選!検査費用はいくら?徹底比較

妊娠したときに嬉しい反面、胎児に染色体異常がないか気になるという人もいますよね。以前はそのようなときに羊水検査など、多少リスクのある検査方法で調べる必要がありましたが、最近は安全性の高いNIPTで、胎児が問題を抱えていないか調べられるようになっています。

NIPT対応施設は都内に集中しているものの、神奈川県内でもNIPTに対応した病院やクリニックが増えつつあり、都内まで通わなくてもよくなりました。そこでここでは、神奈川県でNIPTに対応している施設をランキング形式でご紹介していきます。

クリックで好きな場所から読める 非表示

神奈川県のNIPT検査できる病院&クリニック10選

神奈川県には日本医学会の認定施設が5つありますが、認定施設は検査を受けるためのハードルが高く、なおかつ検査項目が限られています。もっと手軽に検査をしたい。もっと詳しく調べてもらいたい。神奈川県には、そのようなニーズに応じてくれる無認定施設も5つあります。

選択肢が多く、自分たちに適した施設で検査を受けられるというメリットがある一方で、どこで検査を受ければいいかわからないという人もいますよね。

そのような人のために、施設ごとの特徴などを詳しく解説していきますので、病院やクリニック選びの参考にしてください。2022年9月7日現在の情報になります。

※横にスクロール出来ます

クリックで飛べる順位総合評価公式サイト検査速度羊水検査検査種類カウンセラー支払方法土日祝
平石クリニック1位16.0p
公式6日:2p全額補助:3p3種類:3p在籍:2p分割OK:3p土日祝:3p
DNA先端医療株式会社1位16.0p
公式6日:2p全額補助:3p3種類:3p在籍:2p分割OK:3p土日祝:3p
ミネルバクリニック3位15.0p
公式7日:2p15万円補助:2p12種類:3p在籍:2p分割OK:3p土日祝:3p
ヒロクリニック3位15.0p
公式2日:3p20万円補助:2p6種類:3p在籍:2pクレカOK:2p土日祝:3p
NIPT Japan5位13.0p
公式5日:2p補助あり:2p3種類:3p在籍:2pクレカOK:2pクリニックによる:2p
横浜市立大学附属病院6位9.0
公式2週間:1p不明:1p1種類:1p在籍:2p分割OK3pなし:1p
東海大学医学部付属病院7位8.0p
公式7日:2p不明:1p1種類:1p在籍:2pクレカOK:2pなし:1p
北里大学病院7位8.0p
公式不明:1p不明:1p1種類:1p在籍:2pクレカOK:2pなし1p
昭和大学横浜市北部病院7位8.0p
公式2週間:1p不明:1p1種類:1p在籍:2pクレカOK:2pなし1p
聖マリアンナ医科大学病院7位8.0p
公式不明:1p不明:1p1種類:1p在籍:2pクレカOK:2pなし1p
ランキングの評価基準はこちら

1位:平石クリニック 横浜院

  • 横浜院は土日祝が休診
  • 横浜市神奈川区にあるセシリアクリニックでも検査可能
  • 2020年の顧客満足度が97%

平石クリニックは東京の麻布十番にあるNIPTクリニックで、神奈川県では横浜市山下町にある横浜院が対応しています。ただし、横浜院は土日祝が休診となっているため、休日に検査を受けたい場合には、横浜市神奈川区にあるセシリアクリニックを利用することになります。

利用者の満足度がとても高いクリニックで、2020年には顧客満足度97%を達成。それだけでなく、検査精度が高い最新の検査機器を導入し、認定遺伝カウンセラーも在籍しているため、安心して利用できるのも平石クリニックの魅力になります。

検査13,18,21トリソミー性染色体全染色体微小欠失費用
A基礎  198,000円
B全染色体 231,000円
C微小欠失253,000円
診療時間10:00-13:00 / 14:30-18:00
休診日土・日・祝
住所〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町74-1 大和地所ビル202号 地下鉄みなとみらい線 日本大通り駅 3番出口 徒歩2分

平石クリニックで予約&相談する

1位:DNA先端医療株式会社【提携】

  • AGAスキンクリニック横浜レディース院で検査できる
  • 2子目以降は検査費用が半額になる
  • 休診日がないので検査結果をすぐに受け取れる

DNA先端医療株式会社は全国のクリニックと提携し、NIPTの検査を提供しているサービスです。神奈川県では、横浜駅西口から徒歩5分のところにある「AGAスキンクリニック横浜レディース院」で検査を受けられます。

1子目のNIPTをDNA先端医療株式会社で受けている場合、2子目以降の検査費用が半額になる特典があり、2子目以降も考えているという人におすすめです。また、病院と違って休診日がありませんので、検査結果がすぐにわかるというメリットもあります。

検査13,18,21トリソミー性染色体全染色体微小欠失費用
(A) 基本検査  198,000円
(B) 全染色体検査 231,000円
(C) 全染色体+微小欠失検査253,000円
診療時間10:00 – 22:00
休診日不定休
住所〒220-0004 神奈川県横浜市西区北幸1-1-6 相鉄北幸第2ビル7F(菱進横浜ビル)

DNA先端医療で予約&相談する

3位:ミネルバクリニック【オンライン】

  • オンラインNIPTだから検査が近所で完結する
  • 病院のNIPTだから高品質のサポートを受けられる
  • 検査項目が多く父親のリスクまで調べられる

ミネルバクリニックは妊婦さんの移動リスクを軽減するために、オンラインNIPTに対応しています。オンラインNIPTでは診察をテレビ電話で行い、採血は最寄りの医療機関に依頼するため、基本的に電車移動のストレスなどがありません。

また、ミネルバクリニックは病院施設ということもあり、大学病院レベルのサポートを受けられるのもおすすめのポイントになります。さらに他の病院やクリニックと比べて、検査できる項目が多く、高齢出産父親のリスクまで調べることも可能です。

検査13,18,21トリソミー性染色体微細欠失4疾患遺伝子費用
ベーシック ◯  176,000円
プラス ◯ 198,000円
genプラス ◯236,500円

ミネルバクリニックで予約&相談する

3位:ヒロクリニック 横浜駅前院

  • 横浜院は金曜日から月曜日まで週4日診療可能
  • ミニマムプランなら9.9万円で検査可能
  • 最短2日で検査結果がわかる

ヒロクリニックは全国展開をしているNIPTクリニックで、神奈川県では横浜駅近くにある直営クリニックで検査を受けられます。横浜駅前院は金曜日・土曜日・日曜日・月曜日が診療日となっており、平日の診療日が少ないので注意が必要です。

ヒロクリニックはミニマムプラン(13,18,21トリソミー検査)の費用が安く、9.9万円で検査を受けられます。しかも検査結果は最短2日で連絡してもらえるので、すぐにでもNIPTの検査結果を知りたいという人におすすめです。

検査13,18,21トリソミー性染色体全染色体微小欠失費用
ミニマムプラン   99,000円
ライトプラン  120,000円
Over 35プラン 165,000円
オススメプラン220,000円
フルセットプラン264,000円
診療時間10:00 ~ 18:00
休診日火・水・木 ※祝日の場合も診療してます。
住所〒220-0005 神奈川県横浜市西区南幸1丁目13−10第2ニューヨコハマビル4階 市営地下鉄ブルーライン6番出口より徒歩1分

ヒロクリニックで予約&相談する

5位:NIPT Japan【提携】

  • 3つの提携クリニックで検査を受けられる
  • 全染色体検査+微小欠失検査でも税込み198,000円
  • リモートで臨床遺伝専門医による遺伝カウンセリングを受けられる(有料)

NIPT Japanは全国のクリニックと提携して、NIPTの検査を提供しているサービスです。神奈川県では下記3つのクリニックと提携しています。

  • 三島クリニック(川崎市川崎区)
  • ランドマーク横浜国際クリニック(横浜市西区)
  • ふくし内科クリニック(横浜市鶴見区)

検査費用が安く、「全染色体検査+微小欠失検査」は198,000円(税込)で、支払いは採血日の当日中まででOK。また、遺伝カウンセリングを受けるかどうかは自分で判断でき、受ける場合には有料(1万円/30分)になりますが、リモートで臨床遺伝専門医が対応してくれます。

検査13,18,21トリソミー性染色体全染色体微小欠失費用
(A)検査  165,000円
(B)検査 176,000円
(C)検査198,000円

NIPT Japanで予約&相談する

6位:横浜市立大学附属病院

  • 横浜市金沢区にある認定施設
  • 予定分娩施設が決まっていなくてはいけない
  • カウンセリングはパートナーの同席が望ましいけどビデオ通話でもOK

横浜市金沢区にある横浜市立大学附属病院は高度な医療を提供している特定機能病院で、日本医学会の認定施設でもあります。基本的に誰でも利用できますが、妊婦さん本人が予約し、さらに申し込み時点で予定分娩施設が決まっていなくてはいけません。

認定施設の多くが遺伝カウンセリングにパートナーの同席を求めていますが、横浜市立大学附属病院では同席ではなく、パートナーはビデオ通話での参加でもOK。また、紹介状は不要ですが、紹介状なしの場合には5,500円(税込)かかりますので、ご注意ください。

検査13,18,21トリソミ性染色体微細欠失4疾患遺伝子
NIPT ー ー ー
母体血胎児染色体検査95,330円
妊娠初期コンバインド検査30,560円
トリプルマーカー検査12,210円
クアトロテスト17,330円
絨毛検査約170,000円〜
羊水検査約170,000円〜

横浜市立大学附属病院で予約&相談する

7位:東海大学医学部付属病院

  • 東海大学が運営する伊勢原市にある認定施設
  • 東海大学医学部付属病院にかかりつけで、かつ分娩予定の方のみ
  • 「13,18,21トリソミー検査」のみ対応

東海大学医学部付属病院は東海大学が運営する病院で、日本医学会の認定施設でもあります。神奈川を代表する病院のひとつですが、NIPTの検査を受けられるのは、東海大学医学部付属病院にかかりつけで、かつ分娩予定の方のみとなっています。

認定施設ですので、受けられる検査項目は「13,18,21トリソミー検査」のみですが、しっかりとした遺伝カウンセリングやサポートを受けられるのも、東海大学医学部付属病院の魅力のひとつです。このため、NIPTを利用するかどうかで迷っている人におすすめです。

※現在、診療内容とホームページ記載内容の見直し中

検査13,18,21トリソミ性染色体微細欠失4疾患遺伝子
NIPT ー ー ー

東海大学医学部付属病院で予約&相談する

7位:北里大学病院

  • 相模原市にある認定施設
  • 北里大学病院で分娩の方のみ利用可能
  • 高度な技術を有する大学病院内の各部門と連携

北里大学病院は相模原市にある認定施設で、特定機能病院の承認を受けており、高度な医療技術に基づいてNIPTを提供している病院です。ただし、原則として診療所や病院からの紹介による受診となっており、紹介状がない場合には初診時保険外併用療養費(5,500円)が発生します。

大学病院の各部門と連携しており、レベルの高いサポートを受けられるため、NIPTで陽性になる可能性が高いと考えている人におすすめの病院です。ただし、誰でも検査できるわけではなく、北里大学病院で分娩される妊婦さんのみ利用可能となっています。

検査13,18,21トリソミ性染色体微細欠失4疾患遺伝子費用
NIPT ー ー ー要確認

北里大学病院で予約&相談する

7位:昭和大学横浜市北部病院

  • 横浜市都筑区にある認定施設
  • 他院で妊婦健診を受けている場合には診療情報提供書が必要
  • 検査結果説明はオンライン診療が可能

昭和大学横浜市北部病院は横浜市都筑区にある認定施設で、2001年開設と比較的新しい病院になります。昭和大学横浜市北部病院で妊婦健診を受けている人だけでなく、他院で妊婦健診を受けている人も利用できますが、その場合は診療情報提供書の提出を求められます。

検査前には遺伝カウンセリングを受けるために病院まで行く必要がありますが、検査結果の説明はオンライン診療に対応しており、自宅などで受診可能です。認定施設を利用したいけど、移動リスクは最小限に抑えたいという人におすすめです。

検査13,18,21トリソミ性染色体微細欠失4疾患遺伝子費用
NIPT ー ー ー132,000円
コンバインド検査30,000円
クアトロテスト20,000円
NIPT132,000円
絨毛検査200,000円
羊水検査95,000円~143,000円

昭和大学横浜市北部病院で予約&相談する

7位:聖マリアンナ医科大学病院

  • 川崎市宮前区にある認定施設
  • 産婦人科、小児科外来から院内紹介による予約
  • 臨床遺伝専門医や遺伝カウンセラーが在籍

聖マリアンナ医科大学病院は総合周産期母子医療センターを有する認定施設で、NIPTをはじめとした出生前診断や胎児治療に力を入れている病院です。とても信頼できる病院ですが、検査前の遺伝カウンセリングを受けるには、聖マリアンナ医科大学病院の産婦人科、小児科外来から院内紹介による予約が必須となります。

また、検査外来は毎週火曜日13時からと決まっているなど、検査を受けるためのハードルがやや高く、誰でも手軽に利用できるわけではありません。それでも臨床遺伝専門医や遺伝カウンセラーが在籍しており、しっかりとサポートしてもらいたい人におすすめの病院になります。

検査13,18,21トリソミ性染色体微細欠失4疾患遺伝子費用
NIPT ー ー ー要確認

聖マリアンナ医科大学病院で予約&相談する

クリニックの選び方については以下を参考にしてみてください。

【医師監修】NIPT検査できるクリニックの選び方8選!無認定施設はやめた方がいいの?

まとめ

神奈川県は日本医学会の認定施設が5つあり、しかもミネルバクリニックのオンラインNIPTを含めて、無認定施設が5つもあります。ただし、認定施設は利用するための条件が設けられているケースも多く、誰でも利用できるというわけではありません。

認定施設は検査項目が限られているなどのデメリットもありますので、どうしても認定施設でないと困るというのでなければ、無認定施設も選択肢に入れて検討しましょう。特に細かく検査をしたいという人や、検査費用を少しでも抑えたいなら、無認定施設がおすすめです。

いずれにしても、重要なのは自分に適した病院やクリニックで検査を受けることです。まずは検査したい項目などを明確にし、自宅からのアクセスのしやすさや費用なども考慮した上で、安心して任せられると感じた施設でNIPTの予約をしましょう。