【医師監修】和歌山県のNIPT検査おすすめクリニック4選!検査費用はいくら?徹底比較

高齢で妊娠した場合には、うれしい気持ちがありながらも、胎児に染色体異常がないか不安にもなってしまいますよね。

そういう場合には、出生前診断として羊水検査をするのが一般的でしたが、羊水検査は流産のリスクがあるということで、最近は安全性が高いNIPTで事前検査を行うケースが増えつつあります。

和歌山県でも日本医学会の認定施設と無認定施設がそれぞれあり、用途や予算に合わせて最適な施設を選べる環境にあります。

ただ、初めてNIPTの検査を受けるという場合には、どの施設を利用すればいいのか迷ってしまうかもしれません。そこでここでは、和歌山県のNIPT対応施設をランキング形式でご紹介していきます。

クリックで好きな場所から読める 非表示

和歌山県でNIPT検査できる病院&クリニック4選

和歌山県には日本医学会の認定施設が2つ、オンラインNIPTを含めて2つの無認定施設があります。認定施設と無認定施設いずれも、検査精度が高いといった共通点がありますが、それぞれに個性があり、利用する人によって最適な施設が異なります。

ここではそんな和歌山県のNIPT対応施設をランキング形式でご紹介しつつ、施設ごとのおすすめポイントや利用するうえでの注意点などを、詳しく解説していきます。

これから和歌山県内でNIPTの検査を受けるという人は、ぜひ施設選びの参考にしてください。2022年9月7日現在の情報になります。

※横スクロール出来ます

クリックで飛べる順位総合評価公式サイト検査速度羊水検査検査種類カウンセラー支払方法休日対応
ミネルバクリニック1位15.0p
公式7日:2p15万円補助:2p12種類:3p在籍:2p分割OK:3p土日祝:3p
ヒロクリニック1位15.0p
公式3日:3p20万円補助:2p6種類:3p在籍:2pクレカOK:2pなし:
1p
日本赤十字社和歌山医療センター3位11.0p
公式14日:1p無料:4p1種類:1p在籍:2pクレカOK:2pなし:
1p
和歌山県立医科大学附属病院4位9.0p
公式14日:1p不明:
1p
1種類:1p在籍:2p分割OK:3pなし:
1p
ランキングの評価基準はこちら

1位:ミネルバクリニック【オンライン】

  • オンラインNIPTだから和歌山県のどこでも手軽に検査できる
  • 検査できる項目が多く、しっかりと調べられる
  • 第3世代NIPTを導入しているので検査精度が高い

ミネルバクリニックはオンラインNIPTを提供しているクリニックで、遺伝カウンセリングをテレビ電話、採血を最寄りの医療機関に依頼して検査を行います。このため、和歌山市まで遠くて行けそうにないという人も手軽に検査を受けられます。

最大の特徴は検査できる項目が多いということで、父親側の高齢がもたらすリスクも含めて検査することも可能。さらには検査精度が優れている第3世代NIPTを導入しており、検査結果の信頼性が高いといった点も利用者から高く評価されています。

検査13,18,21トリソミー性染色体微細欠失4疾患遺伝子費用
ベーシック ◯  176,000円
プラス ◯ 198,000円
genプラス ◯236,500円

ミネルバクリニックで予約&相談する

1位:ヒロクリニック【提携】

  • 和歌山市にある提携クリニックで検査できる
  • 25,000件以上の実績に基づいてプランを提案
  • 最短3日で検査結果の連絡がある

ヒロクリニックは全国展開しているNIPTクリニックで、和歌山県では和歌山市にある提携クリニックで検査を受けられます。これまで25,000件以上の実績があり、豊富な経験に基づいて、最適なプランを提案してもらえます。

検査結果がすぐにわかるというのも、ヒロクリニックのおすすめポイントのひとつ。国内の検査所で分析しているため、最短3日で検査結果の連絡があります。ちなみに直営クリニックがある大阪なら、最短2日で検査結果がわかるので、結果をすぐに知りたい人はそちらをご利用ください。

検査13,18,21トリソミー性染色体全染色体微小欠失費用
ミニマムプラン   99,000円
ライトプラン  120,000円
Over 35プラン 165,000円
オススメプラン220,000円
フルセットプラン264,000円

ヒロクリニックで予約&相談する

3位:日本赤十字社和歌山医療センター

  • 毎週水曜日と金曜日午後2時に遺伝カウンセリング実施
  • 外来の場合はかかりつけ医に依頼して予約する
  • 陽性だった場合の羊水検査は無料で受けられる

日本赤十字社和歌山医療センターは、和歌山市にある認定施設で、毎週水曜日と金曜日午後2時に遺伝カウンセリングを実施しています。検査できる項目は「13,18,21トリソミー検査」のみで、検査の前後に夫婦もしくはパートナーと遺伝カウンセリングを受けなくてはいけません。

カウンセリングは完全予約制となっており、外来でNIPTを利用する場合には、かかりつけ医に依頼して予約してもらう必要があります。検査結果が陽性だった場合には羊水検査が必要になりますが、検査は無償で実施されるので追加費用は発生しません。

検査13,18,21トリソミ性染色体微細欠失4疾患遺伝子費用
NIPT   約200,000円

日本赤十字社和歌山医療センターで予約&相談する

4位:和歌山県立医科大学附属病院

  • 毎週水曜日の午前中に遺伝カウンセリング実施
  • かかりつけ医に電話で予約してもらう
  • 遺伝カウンセリングは夫婦2人で受診する

和歌山県立医科大学附属病院は和歌山市紀三井寺にある、日本医学会の認定施設です。NIPTの遺伝カウンセリングは毎週水曜日の午前中に実施しており、カウンセリングを受診するには、かかりつけ医の予約が必要になります(妊婦さん自身による予約は不可)。

遺伝カウンセリングはいずれも夫婦もしくはパートナーと受診する必要があり、妊婦さん1人では受けられません。このように、利用するためのハードルがやや高く設定されていますが、しっかりとしたサポートを受けられるといったメリットもあるため、相談しながら検査を進めていきたい人におすすめです。

検査13,18,21トリソミ性染色体微細欠失4疾患遺伝子費用
NIPT   要確認

和歌山県立医科大学附属病院で予約&相談する

【医師監修】NIPT検査できるクリニックの選び方8選!無認定施設はやめた方がいいの?

まとめ

和歌山県には日本医学会の認定施設が2つもあり、しっかりと説明を受けてからNIPTの検査を知りたいという人にとっては恵まれた環境にあります。ただし、認定施設はいずれも和歌山市にあるため、南紀エリアの妊婦さんにはあまり適していません。

遺伝カウンセリングを重視するなら、移動に時間をかけてでも認定施設を利用すべきですが、陽性になった場合の方針などが夫婦である程度決まっているなら、無認定施設も選択肢に入れておきましょう。

ヒロクリニック:検査結果をできるだけ早く知りたい人

ミネルバクリニック:和歌山市までの移動が難しい人、詳しく調べたい人

このように無認定施設は、それぞれに適している人が違います。ここでご紹介した内容やSNSなどでの口コミを参考にして、自分に最適だと判断した病院やクリニックで検査を受けるようにしてください。