簡略更年期指数(SMI)

簡略更年期指数(SMI)は、あなたの不定愁訴を、第三者にもわかりやすく伝える手段と思ってください。
婦人科に行かれる時は、記入済みの簡略更年期指数(SMI)を持って行くと話がスムーズですよ。簡単に更年期による自覚症状が出ていて、病院へ行くレベルかどうかがすぐわかります。

症状の程度に応じ、すべての項目について、自分でチェックをつけて下さい。その合計点をもとに診断をします。

(東京医科歯科大学方式)

①顔がほてる10630
②汗をかきやすい10630
③腰や手足が冷えやすい14950
④息切れ・動悸がする12840
⑤寝つきが悪い、または眠りが浅い14950
⑥怒りやすく、すぐイライラする12840
⑦くよくよしたり、憂うつになることがある7530
⑧頭痛、めまい、吐き気がよくある7530
⑨疲れやすい7420
⑩肩こり、腰痛、手足の痛みがある7530

更年期指数の自己採点の評価法

0-25点
上手に更年期を過ごしています。これまでの生活態度を続けていいでしょう。
26-50点
食事・運動などに注意を払い、生活様式などにも無理をしないようにしましょう。
51-65点
医師の診断を受け、生活指導、カウンセリング、薬物療法を受けた法がいいでしょう。
66-80点
長期間(半年以上)の計画的な治療が必要でしょう。
81-100点
各科の精密検査を受け、更年期障害のみである場合は、専門医での長期的な対応が必要でしょう。